就職活動

平均給料が高い企業の法則性を解説します【四季報にだまされるな】

就職先に悩み中の学生「やりたい仕事もあるし、良さそうな企業も候補があるけど、一番大事なファクターは給料かな?給料が高い企業ランキングの資料は見たことあるけど、聞いたことのない企業でも給料水準高いところはないかな…」

 
 
 
 
こういった疑問に答えます。

【結論】平均給料が高い企業の法則性を解説します

結論からお伝えしますと、四季報やその他の経済情報に載っているような給料水準が高い企業に入ったからといって、自分の給料が高くなるとは限りません。

その理由は平均を表す意味にあります。

例えば、平均年収1,000万円(平気年齢40歳)となっている際は20代=年収400万円、30代=年収650万円、40代=年収1000万円とトントンと上がっていきません。これはアッパー層がべらぼうに給料が高く、平均年収を引き上げています。40代までいけば、役職が役員クラス、部長クラス、係長クラスになっている人様々います。
(役員は役員報酬と別枠でもらっているので、平均年収には入っていないです)

なので、注意してみてほしい点は平気年齢が高いのかどうか。高ければ高いほど企業の構造上、年功序列で年齢の高い人が多くいるので上のポストが詰まっている可能性があります。

もし、若いうちから自分のポストを作りたい人は組織の新陳代謝がどうなっているかを確認しましょう。

単純に給料が高いだけで企業選びをしてはいけません

企業を選ぶ理由は人それぞれあります。
自分がどう成長してキャリアを築けるか、任せられる仕事の領域や働いている人たちの価値観など。

就職者それぞれの考えがありますから、一概に大きい会社を行くことが正解でもないですし、より早い成長を軸にベンチャー企業へ行くことも正解だと思いません。

ただ、頭に入れておくべきこととして、目の前の美味しそうな価値だけで就職先を決めるほど短絡的に考えないことです。

なぜなら、目先の価値<将来の価値で優先順位が決まってくるからです。大体の人が40年以上仕事をすることになる中、仕事に対して意欲を持ちながら続けられる原動がないと途中で仕事が嫌いになります。それは例えば、職場で一緒に働くだろう周りの雰囲気を見ずに給料やボーナスの報酬面だけでものさしを計ってしまい、入社が決まったものの人間関係がうまくいかず、1年も経たず退職してしまう…

これほど時間を無駄にすることはありません。
就職先を決めることは株式投資と似てるかもしれませんね。
株価が上がるか上がらないか確定要素がない中で、自分の資本を投資して、リターンを得られるか得られないか判断していく。投資先企業や資本、それらを取り巻く環境によって、プラスに働く投資になれば、マイナスに働く投資にもなります。

企業で勤めるなら、自分の時間と労力を投資するわけですから、投資した以上のリターンがどれぐらいあるのか考えてみましょう。

キャリアプランを考えましょう

例えば、エンジニアのように手に職を極めて、個人で独立も考えているのであれば、独立できる能力が身につけられる企業を優先的に選びます。
次にエンジニアで必要な能力はもちろんのこと、独立に必要な能力など自分がキャリアで体得したい要素を大枠から細分化していきます。
エンジニアの能力はある意味どこの企業でも基本能力は身につきますので、企業選びの大きな差は独立まで考えたキャリアという軸になります。

独立して事業の立ち上げから軌道に乗せるまでに必要なこととして、例えば、事業計画の作成や新規開拓に必要な突破力、顧客維持をするためのコミュニケーション力、問題発見力、解決に導く思考力、人材の採用力、外注依頼をまとめる力など様々な点が挙がります。

ポイントは抽象的に捉えられるような要素で洗い出しをしないこと。
営業力はよく聞く言葉ですが、営業力を指す枠組みは人それぞれで変わっていきます。
ただ営業力と書くのではなく、営業力を因数分解してわかりやすい表現に変えましょう。
そうすることで、現状の自分がより認識しやすくなりますし、未来の自分が見てもわかる内容になるわけです。

営業力=新規開拓に必要な突破力、顧客維持をするためのコミュニケーション力、問題発見力、解決に導く思考力と分ければそれぞれの項目を満たす企業を合理的に判断すればいいことになります。

洗い出せたら、最後に企業の優先順位を決めていく工程に入ります。
僕のブログ記事に“スコアリング”を説明している投稿がありますから、こちらを参考にやってみてください。
参考記事:現場の人事が教える長期インターン先の選び方を失敗しない方法

※こちらは僕が就職活動に実際取り組んだフレームワークです。企業に勤めてから大学生に対しても、アドバイスとして活用したツールになります。

感情的な判断で企業選びを行わないように数字で詰めていきましょう。
そうすれば、自分にとって現実ある企業を選ぶことができますし、その後のキャリアに向かって努力できる言動になります。

今年ももう終わってしまいますね。
また次回お会いしましょう!
バーイ!

-就職活動

© 2021 コーキ@セルフイノベーション室 Powered by AFFINGER5