就職活動

ニッチな企業を探すなら長期インターンサイト『ユアターン』がオススメ!


悩んでいる大学生
さあ、春休みにもなったし、長期インターンを始めよう!さて、どの募集サイトを使おうかな〜。って長期インターンの募集サイトがいっぱいあってどれを使えばいいかわからない…

 

この記事ではそんな疑問にお答えます。

 

今回わかる内容


・ユアターンを使うメリット
・ユアターンを有効活用する方法

 

【結論】長期インターンサイトのユアターンはWebメディアに特化した募集サイトです

 
昨今、長期インターンの市場は人口減少ながらも伸びている傾向にあります。これは新卒採用の構造変化に起因しています。

 
数年前の新卒採用はナビ媒体を使って、広告に載せている企業を知って、選考に進みます。例えば、大手企業は典型的な例ですね。入社先を決める範囲はナビ媒体で完結するものがほとんどでした。

 
しかし、最近は学生と企業のマッチング手段が広がり、ダイレクトリクルーティングやマッチングイベント、リファラルなど企業を知る入り口が増えました。さらにベンチャー企業は、ファーストキャリアの入口になってきており、昔ほど大手企業が必ずしも自分のキャリアではないと思う学生も増えてきたと僕自身、学生と接する中で感じます。

 
ネット情報の民主化が行き渡ったことで、世間や企業、自分の周りの人たちから発信される情報に煽られ、大学生の早いうちから自分の将来を考えるようになりました。そこで、社会で働く状態と近い実感を得られる長期インターンで頑張ろうとする人が増えました。

 
まず、長期インターンとは何か。

 
僕が定義すると、

①勤務期間が最低6ヶ月(3ヶ月の企業も一部あります)
②有給でしっかり給料がもらえる(無給は絶対にやめてください)
③社員と同じスタンス、業務内容で仕事を遂行すること
④ビジネススキルを得るだけでなく、社会で働くイメージを明確化すること

ここ最近、顕著に人材業界の企業は後発的に長期インターン市場にどんどん参入し、何かしらの斡旋媒体をサービスとして提供する企業が増えています。

 
そこで人事の仕事をしている私が現場で長期インターンの採用を行なっている視点からそれぞれのサービスについて特徴やレビューをシリーズ化して投稿をしていきます。

 

vol.4 第四弾はユアターンです。

ユアターンとは、東晶貿易株式会社が運営する長期インターンの求人サイトです。

 
Webサイト

 
公式Twitter

 

長期インターンサイトのユアターンはWebメディアの専門会社が運営しています

ユアターンを運営している東晶貿易は1995年に創業されたIT企業です。東晶貿易は長期インターンや新卒採用などキャリア事業を専門にしている企業ではなく、自社でWebメディアの運用や広告代理業などweb関連のサービスを行なっています。ホームページを確認すると、いくつかWebメディアを運営していることがわかります。

 

 
ユアターンはwebメディア×長期インターンという領域で事業を行なっていることがわかります。

 

Webメディア×長期インターンのメリット・デメリット

長期インターンサイトを運営している企業のほとんどは人材事業を主軸にしており、そのうちの1つの柱が長期インターンになります。
では、ユアターンのようにWebメディア×長期インターンの領域で行うとどんなメリットやデメリットがあるのか?

ポイント

✔メリット
・Webメディアの極意を把握しているので、サイト設計がユーザーにとって使いやすい仕様になっている
・長期インターン生のインタビューや長期インターンに関するコラムが投稿されているので、ただの求人サイトではなく、情報サイトに近い作りになっている

✔デメリット
・キャリア事業に特化していないので、学生向けのセミナーや勉強会がない
・運営実績が浅く、自社ノウハウが比較的少ないので、学生に提供できるキャリア支援(キャリアコンサルタント)がない

 

長期インターンサイトのユアターンがオススメな理由4つ

 

オススメな理由:①ニッチな企業が多い

ユアターンに登録している企業は100社未満ですので数で見ると少ないと言えますが、掲載している企業に注目するとIT企業を中心に新しいジャンルで事業を行っているところが多々見受けられます。

 
IT企業でいけば、ITインフラやWebメディア、SEO、Webサイト制作など新卒採用でも注目されるような企業が登録しています。それ以外では、男性用下着のメーカーや建設業に取り入れる製図ソフトの制作・導入、中にはルーマニア政府観光局など政府系の長期インターンを募集する企業もあります。

 

ポイント

登録企業が多い長期インターンサイトから企業の情報を網羅しようとすると、見切れないほどの情報量になってしまいますが、逆に登録企業が少ないからこそ的を絞って、企業を調べる時間に充てたほうが長期インターンをうまく活用できるのではないでしょうか。

 

オススメな理由:②適職診断

ユアターンには適職診断があります。
適職診断とは、15個の質問に答えるだけで自分の得意な仕事がわかったり、どんなことに強みが発揮されるのか、データ上で自分の個性が可視化されることです。

 
長期インターンを始めるには自分がどんなことに前のめりになれたり、どんな環境で活かされやすいのか参考にでも知っているだけで役立ちそうなことはありそうですね。

 
余談ですが、本格的に自分の強みを知りたいようであれば、書籍「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう: ストレングス・ファインダー2.0」はおすすめです。

 
人の強みを34個に分類し、自分がどの強みを保有しているのか5個まで提示してくれる書籍です。より本格的に自分のことを調べたい方には参考にしてください。

 

オススメな理由:③長期インターン生の記録

ここからはWebメディア運営を主事業にしている強みが表れている点を説明していきます。

 
まず、長期インターン生の記録です。
東晶貿易に所属している学生がブログのような形で投稿している特集になります。

 
主に

・プロフィール
・長期インターン以前の話
ーー長期インターンを始めるきっかけ
ーー長期インターンの探し方
ーー長期インターン先の決め手
・長期インターンを初めてから
ーーどんな仕事を行っているか
ーー入社してどんな印象を抱いたか
ーー長期インターンを始めてからの変化

 
まだ長期インターンを始めていない人には参考になる内容ですね。
また、長期インターンをすでにやっている人も他の会社でどんな気づきや学びがあるのか、自分に再発見がありそうな内容です。

 

 

オススメな理由:④ 長期インターンのコラム

長期インターンサイトを覗きに来る人は新しく長期インターンを始めようと考えている人が大半だと思います。
中にはどのように長期インターンを準備したらいいんだろう?と不安に思っている人もいるはずです。

 
そんな方のために解決してくれるのが「長期インターンを知る」というコラムになります。

 
投稿記事は例えば、
・ITベンチャー採用担当が語る!受かるインターン面接完全ガイド!
・インターンの給料っていくらくらい?長期インターンの給料実態に迫る!
・長期インターンで就活の軸を作るススメ。
などなど。

 
気になってはいるけど、周りに相談できる人がいない。なんて方にはぴったりの内容ですね。

 

 

長期インターンサイトのユアターンから長期インターンを始めるには?

 
上記より他の長期インターンサイトにはないユアターンならではのメリットをわかっていただけたのではないでしょうか?
では、最後にユアターンから長期インターンへどうしたら進めることができるのか解説します。

 
長期インターンを始めるには以下のフローがあります。

①長期インターンサイトに登録する
②企業をピックアップする
③企業を調べたうえでESも兼ねてエントリーする
④選考をパスする
⑤採用

このフローで難しいとされるところが②④です。
②はよくわからない企業を自分なりに調べて、どのような企業体質が自分に合うか見極める点が難しい
④はアルバイトと違って、選考通過率が低い中でどうしたら選考をパスするのかわからない

 
では、どうしたら②④をクリアできるのか?
それは長期インターンのやり方を知る必要があります。

 
左も右もわからない中で闇雲にアクションするのではなく、長期インターンを始めるのに何が大事かをあらかじめ準備したうえで取り組んだ方が成功確率は上がります。
その成功確率を上げるためには、自分は何を企業に提供できるかを発言できるかがポイントです。

 
これ以上のことは僕のブログに載せていますので、こちらより参考にしてみてください。
「②企業をピックアップする」の解決方法

 

 

 
「④選考をパスする」の解決方法

 

 
自分が変わるには行動することが大事ですし、苦手なことにも挑戦して自分をアップデートし続ける努力が必要です。今の時代だからこそ行動すればするほどその価値が可視化されるので、市場価値を高める上でもトライアンドエラーが鍵になります。

 
本日のレビューは『ユアターン』でした。
ありがとうございました。

-就職活動

© 2021 コーキ@セルフイノベーション室 Powered by AFFINGER5