ファッション

メガネの選び方は印象で決まる!【歴8年のメガネ馬鹿が解説】


悩んでいる大学生
何となくメガネの選び方やポイントはわかっているけど、結局どんな観点で自分に似合うメガネを選べばいいかわからない!

 

この記事ではそんな悩みや疑問にお答えします。

 

今回わかる内容


・メガネのタイプとそれぞれの印象
・メガネのパーツ名称で変わる印象
・メガネのサイズで変わる印象

 
ハローエブリバディー!当サイトの管理者、コーキです(@happylife_4c)。このブログは自分自身との向き合い方を少し変えるだけで、周りへの見え方が変わったり、アップデートしていく自分にワクワクできる思考『セルフイノベーション』のノウハウを僕の考えや経験をもとに発信しています。

 
本記事は「印象で決めるメガネの選び方」を解説します。

 
メガネってたくさんの種類がありすぎて、どれが自分に似合うかなんて正直わからないですよね。僕も最初はそうでしたのでお気持ちはよくわかります。

 
そんな状態から8年経った今ではメガネ選びが楽しく、休日に都内をブラブラ歩いては気になったメガネ専門店に入ってメガネを掛けています(笑)

 
なぜそのようになったのか?

 
日々メガネを掛けていたらあることに気づきました!
メガネを掛けると「顔の印象」が大きく変わるのです。
特に男性の場合は顔を印象付けるパーツが顔立ちや髪型くらいです。女性ですとメイクが加わりますね。
そこにメガネを掛けてあげると印象も変わりますし、雰囲気もガラッと変わります。

 
メガネの奥深さを知るとその時の気分で色んな形や素材、デザインを楽しむことができるので、ついハマってしまうんですね!

 
この記事を読んでいただくと、初心者でも似合う形の選び方をわかっていただけると思います。

 
ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

 

メガネのタイプとそれぞれの印象

NEUVE A ONLINE STORE「フレームの素材と形」より

 
今回は3タイプのメガネとそれぞれ抱く印象を説明します。

 

①知的・スタイリッシュ

 
知的やスタイリッシュに見せたいあなた。スクエアタイプのメガネには誠実さや精悍さを伝える力があります。黒縁のシンプルなウェリントンタイプであれば、幅広い顔の形に似合うタイプになっています。また、目元に力強さを生むブロウラインやナイロール、知的な印象を与えるリムレスタイプもオススメします。以上挙げたようなタイプはビジネスのシーンでも活用できるため、幅広い層に好まれていますね。

 

②おしゃれ・個性的

 
おしゃれ・個性的に見せたいあなた。リム上部が角ばったクラウンパント型や正円のラウンド型は、周囲と差別化を図れる個性的な表情が魅力です。どこかアヴァンギャルドな(時代に先駆けている)印象を抱かせ、センスの良さを振りまくこともできるでしょう。正面と横顔にギャップを生む、丸みのあるリムのコンビフレームもオススメです。定番なタイプは既に持っていて、2個目に選びたいタイプですね。

 

③親しみ・穏やかさ

 
親しみ・穏やかさに見せたいあなた。丸みのある形のメガネは印象を柔らげる効果があります。クラシックメガネの代表格で、昔から親しまれているボストン型はその最たる例といえるでしょう。卵を横に倒したようなオーバル型も、横長の緩やかなラインがあなたを優しい表情へと導いてくれます。比較的女性に人気なタイプと言えるでしょう。

 
こんな感じでメガネのタイプによって、雰囲気や印象は変わっていきますね。今回は代表格を紹介しましたが、他にもメガネのタイプによって印象は変わりますので別の機会にでもご紹介したいと思います。

 
メガネの種類についてはこちらの記事に載っていますので参考にどうぞ。
>>【初心者メガネ攻略】似合うメガネの選び方【メガネ歴8年】

 

メガネのパーツで変わる印象

メガネのイタガキ「必見!プロが教えるメガネのサイズの見方」より

 
メガネとはパーツの総称であり、1個ずつのパーツから構成されたものです。メガネのタイプが変われば当然印象も変わりますが、同じタイプでもメガネのパーツが一つでも変わるとまた印象もガラッと変わりますよ。

 
上記の写真をもとにそれぞれのパーツを解説します。

 
①テンプル
智(ヨロイ)から先の耳に掛かる部分です。どなたの顔の幅にも柔軟に対応できるようにある程度の弾力性を持たせているものが一般的です。

 
②リム
レンズを囲む固定する部分です。デザインを決定づける要所であり、大きく分けて全体を囲ったフルリム、上枠のみのハーフリム、下枠だけでレンズを支えるアンダーリムがあります。

 
③鼻パッド
メガネを鼻で固定させる部分になります。テンプル同様フィット感を左右する部位であり、金属の足がついたクリングス型のほか、フレームと一体となったタイプもあります。

 
④先セル
モダンと呼ばれる金属製テンプルの末端に被せたプラスチックパーツです。かつてはセルロイド製がほとんどだったことから名前になっています。今はアセテート製が主流です。

 
⑤ブリッジ
鼻上部に掛かる部分を言い、正面から見ると左右をつなぐ橋のように見えることから名付けられました。形状や彫刻によりデザインのポイントにもなります。

 
⑥クリングス
鼻パッドを支える金具です。上記の写真のように鼻パッドが独立している『クリングスタイプ』と鼻パッドがフレームと一体化している『鼻盛りタイプ』があります。クリングスタイプはメタルフレーム、鼻盛りタイプはセルフレームに使われることが多いです。

 
⑦智(ヨロイ)
ヨロイとも呼ばれる、リムとテンプルの繋ぎ目の部分の名称です。スタッズを始めとする装飾具やブランドのアイコンをデザインエッセンスとして加える場合が多いです。

 
⑧蝶番
フロントとテンプルを繋ぐパーツです。英語ではヒンジとも呼ばれます。テンプルの開閉を可能にする唯一の可動部とも言えるため、負荷に対する耐久性も重要な要素です。

 
全ての細部に技術が詰まっており、デザインや機能性が今日のメガネに活かされています。それがメガネの奥深さとも言えます。

 
実際にパーツが変わると、どのように印象変わるのか見てみましょう。

 

・EVE un BLUE 「WING-001」


厚さ6mmのアセテート生地を使用したウェリントンは今の時代に合わせてスマートにアップデートしています。テンプルにはβチタンの芯材を採用して、柔軟性のある快適なかけ心地も実現しています。

 

・EVE un BLUE 「FIN-006」


シンプルなコンビネーションのスクエアは強調しすぎず顔馴染みが良いです。丸いカシメ飾りや細かく仕上げたチタンテンプルなど繊細なディテールが美しく、ナチュラルに掛けこなせます。

 
2つの特徴的な違いは以下の4つです。

・リムの幅と太さ
・ブリッジのデザイン
・テンプルの素材
・カラーリング

 

メモ

リムの幅が違うことでウェリントンとスクエアに分かれます。そして、太さに注目すると「WING-001」がよりメガネの存在を主張するデザインとなります。
ブリッジのデザインが違うことで「FIN-006」はシャープな印象、クールなイメージを持たせます。
テンプルの素材も同様です。「FIN-006」は細い仕上げとチタンの素材により自然な印象を持たせます。

 
比較してあげるとよりメガネの見え方が変わってきますね。
どんなタイプが自分に似合うか?と一緒に、どんな印象を持たせたいか?もイメージしてあげるとメガネ選びが楽しくなります!

 

メガネのサイズで変わる印象

 
いくらメガネのデザインが優れていても、掛け心地が悪くてはお話になりません。洋服を選ぶときのように、メガネもサイズ選びに注意を払うべきです。ここでは適切なサイズを知る大切さと共に選び方についても解説していきます。

 

メガネヤヒカリノアトリエ「メガネを選ぶ際に意識したいフレームPD」より

 
テンプルの内側に目を移しますと、ブランドロゴやモデルネームと合わせ、レンズの幅やテンプルの長さなどを表す数字が刻まれております。自分に合う数値を知っておくことでより適切なメガネを選ぶことができます。

 
サイズの見方が分かったところで、自分に適切なサイズかどうかをチェックするメガネ選びのポイントをこちらの記事で解説していますので参考にどうぞ。
>>【初心者メガネ攻略】似合うメガネの選び方【メガネ歴8年】

 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?
今回の記事で解説した内容をおさらいします。

 
3タイプのメガネに触れながらそれぞれ抱く印象をお伝えしました。

①知的・スタイリッシュ
②おしゃれ・個性的
③親しみ・穏やかさ

 
そして、メガネのパーツで変わる印象をお伝えしました。

①テンプル
②リム
③鼻パッド
④先セル
⑤ブリッジ
⑥クリングス
⑦智(ヨロイ)
⑧蝶番

 
同じようなタイプでもパーツが変わるだけでメガネの表情はガラッと変わります。

 
最後にメガネのサイズで変わる印象もお伝えしました。
洋服同様、メガネにも自分に合ったサイズがありますので、自分に似合うサイズを把握することが大事です。

 
メガネ選びは新しい自分の「顔選び」でもあります。
今回お伝えした内容を活用して自分に似合うメガネを見つけていただけると幸いです。

 
それでは今回は以上となります。
ありがとうございました。

 

P.S.
僕のインスタグラムでは
①どこかクセのあるライフスタイル
②アイウェアで自分らしさ
を発信しています。

アイウェアのコーデを載せていますので、興味を持ってくれた方は僕のアカウントに遊びに来てくれると嬉しいです!
★クセのあるライフスタイル★

-ファッション

© 2021 コーキ@セルフイノベーション室 Powered by AFFINGER5